Windows Live メールの設定 SMTP AUTH + サブミッションポート(port 587) 設定

他社プロバイダ(TAM以外)の接続からメールサービスをご利用の方へ
ご利用のプロバイダにより、OP25B(Outbound Port 25 Blocking)を実施している場合は、以下の設定が必要となります。

Windows Live メールを起動します

【スタート】→【すべてのプログラム】→【Windows Live】→【Windows Live メール】の順にクリックします。
デスクトップにWindows Live メールのアイコンがある場合は、アイコンをクリックしても起動できます。

スタートボタンを押した画面 【ツール(T)】→【アカウント(C)】の順にクリックします

Windows Live メールが起動したら、メニューバーの【ツール(T)】→【アカウント(C)】の順にクリックします。

ツール→アカウント 【プロパティ(P)】を開きます

【アカウント】が表示されたら、既に設定してあるメールアドレス(ここではアカウントとして表示されます)があることを確認し、そちらをクリックして選択します。ここで表示がない場合は、メールアドレスがまだ設定されておりませんので、「初めて設定する場合」をご覧下さい。
右側の【プロパティ(P)】ボタンをクリックします。

プロパティ 【SMTP AUTH】の設定を行います。

サーバー】タブをクリックします。送信メールサーバーの「このサーバーは認証が必要(V)」にチェックを入れます。
  

全般 【サブミッションポート(port 587)】の設定を行います。

続いて、【詳細設定】タブをクリックします。「送信メール(SMTP)(O):」には「587」を入力します。
以上の設定が完了したら、「適用(A)」ボタンを押します。

サーバー 設定終了です

以上で設定内容の確認は終了です。
設定を変更した場合は、忘れずに【OK】ボタンをクリックし変更内容を反映させます。

【アカウント】に戻ったら【閉じる】ボタンをクリックします。