Thunderbird3の設定 サーバにメッセージを残さない設定

Thunderbird3は初期設定でサーバにメッセージを残す設定になっています。
メールサーバにメールを残す設定になっていると、メールボックスが一杯になってしまい
新着メールを受け付けることができなくなってしまう場合があります。
ここではThunderbird3のサーバにメッセージを残さない設定方法を説明します。

Thunderbirdを起動します。

Thunderbirdを起動し、メニューバーの【ツール(T)】から【アカウント設定(S)】を選択します。

パスワード サーバ設定

アカウント設定の画面が表示されますので、左側のサーバ設定を選択します。

【ダウンロード後もサーバにメッセージを残す(G)】のチェックをはずします。

サーバ設定
ダウンロード後もサーバにメッセージを残す(G) チェックを外します。※
  • チェックをしておくと、受信メールサーバーにあるあなたのメールボックスにメールのコピーを残すことができますが、メールボックスの容量が限られていますので容量が一杯になってしまうと新着メールを受信することが出来なくなってしまいます。なるべくチェックを外してください。
設定終了です。

以上で設定は終了です。
設定を変更した場合は、忘れずに【OK】ボタンをクリックし変更内容を反映させます。
【アカウント】に戻ったら【閉じる】ボタンをクリックします。