Thunderbird 2 の設定 SMTP AUTH + サブミッションポート(port 587) 設定

他社プロバイダ(TAM以外)の接続からメールサービスをご利用の方へ
ご利用のプロバイダにより、OP25B(Outbound Port 25 Blocking)を実施している場合は、以下の設定が必要となります。

Thunderbird 2 を起動します

Thunderbird 2 を起動し、メニューバーの【ツール】から【アカウント設定(C)...】を選択します。

スタートボタンを押した画面 【送信サーバ(SMTP)】をクリックします。

「送信サーバ(SMTP)」タブをクリックし、アカウントを選択した後、『編集(E)』ボタンをクリックします。

ツール→アカウント 【SMTP AUTH】の設定を行います。

SMTPサーバの設定画面が表示されますので、次のように入力します。
入力し終わったら、『OK』ボタンをクリックします。

サーバ設定
ポート番号 587に変更します。
ユーザ名とパスワードを
使用する
チェックします
ユーザ名 「登録完了のお知らせ」に記載されているメールアドレス半角英数字で入力します。
保護された接続を使用する 「いいえ(N)」にチェックします
以上で設定は完了です。

メールの受信時、および送信時にパスワード入力画面が表示されますので、「メールパスワード」を入力してください。

サーバ設定内容