Outlook2013の設定 設定内容の確認・変更

既に設定したOutlook2013の設定内容の確認・変更方法について説明します。
メールアドレスやメールアカウントなど電子メールの設定に必要な情報を記載した「登録完了のお知らせ」が必要になりますので、ご用意ください。

Outlook2013を起動します

アイコンをクリックして起動します。

【ファイル】→【アカウント設定】の順にクリックします

Outlook2013が起動したら、メニューリボンの【ファイル】をクリックします。

【ファイル】が表示されたら【アカウント設定】をクリックします。

【電子メール】タブで【変更(A)】を選択します

【電子メールアカウント】が表示されます。
【電子メール】タブを選択して、設定を確認・変更したいメールアドレスを選択し、上の【変更(A)】ボタンを
クリックします。

【インターネット電子メール設定】が表示されます。

【インターネット電子メール設定】が表示されます。「登録完了のお知らせ」をご覧になりながら、設定内容を確認してください。
誤った箇所があったら、必要に応じて変更してください。
次に【詳細設定(M)】ボタンをクリックします。

ユーザー情報
名前(Y) お好きな名前を入力します。
入力した名前が差出人として送信相手に届きますので、相手にとってあなただと分かりやすい名前にすることをお勧めします。
例)タムネット
電子メールアドレス(E) 「登録完了のお知らせ」に記載されているあなたのメールアドレス半角英数字でを入力します。
例)tamnet@tam.ne.jp
※ ここで入力したメールアドレスが、あなたが送ったメールの送信元メールアドレスになります。これに誤りがあると、送信相手があなたのメールに返信しても届かなくなってしまいますので、正しく入力してください。
サーバー情報
アカウントの種類(A) 【POP3】を選択します。
受信メールサーバー(I) post1.tam.ne.jp
「登録完了のお知らせ」に記載されている受信メールサーバー(POP)半角英数字で入力します。
送信メールサーバー(SMTP)(O) post1.tam.ne.jp
「登録完了のお知らせ」に記載されている送信メールサーバー(SMTP)半角英数字で入力します。
メールサーバーへのログオン情報
アカウント名(U) 「登録完了のお知らせ」に記載されているメールアカウント半角英数字で入力します。
パスワード(P) 「登録完了のお知らせ」に記載されているメールパスワード半角英数字で入力します。
パスワードを保存する(R) チェックをすると、メールを送受信する度にパスワードを入力する手間が省けますので、チェックすることをお勧めいたします。
セキュリティで保護された
パスワード認証(SPA)を使用する(Q)
チェックしません。

【詳細設定】タブをクリックします

【詳細設定(M)】ボタンをクリックすると、【インターネット電子メール設定】が表示されます。
【詳細設定】タブをクリックします。
以下のように設定されているか確認してください。設定されていない場合は、以下を参考に修正してください。
修正を終えたら【OK】ボタンをクリックします。

受信サーバー(POP3)(I) 【110】となっていることを確認します。
このサーバーは暗号化された接続
(SSL)が必要(E)
チェックしません。
送信サーバー(SMTP)(O) 【25】となっていることを確認します。
使用する暗号化接続の種類(C) なし
サーバーのタイムアウト 任意に設定できますが、通常は1分でもかまいません。
サーバーにメッセージのコピーを置く(L) チェックを外します。※
  • チェックをしておくと、受信メールサーバにあるあなたのメールボックスにメールのコピーを残すことができますが、メールボックスの容量が限られていますので容量が一杯になってしまうと新着メールを受信することが出来なくなってしまいます。なるべくチェックを外してください。

【完了】ボタンをクリックします

【[次へ]をクリックしたらアカウント設定をテストする】のチェックを外して【次へ(N)】ボタンをクリックします。

【セットアップの完了】が表示されますので、【完了】ボタンをクリックします。

【電子メールアカウント】に戻るので、【閉じる】ボタンをクリックします。