Outlook Express6の設定 サーバにメールを残さない設定(Windows版)

メールサーバにメールを残す設定にしていると、メールボックスが一杯になってしまい新着メールを受け付けることができなくなってしまう場合があります。
ここでは、Outlook Express 6のサーバにメールを残さない設定方法を説明します。

Outlook Express 6を起動します

【スタート】→【すべてのプログラム(P)】→【Outlook Express】の順にクリックします。
デスクトップにOutlook Expressのアイコンがある場合は、アイコンをクリックしても起動できます。

スタートボタンを押した画面 【ツール(T)】→【アカウント(A)】の順にクリックします

Outlook Expressが起動したら、メニューバーの【ツール(T)】→【アカウント(A)】の順にクリックします。

ツール→アカウント 【プロパティ(P)】を開きます

【インターネットアカウント】が表示されたら、【メール】タブをクリックします。
既に設定してあるメールアドレス(ここではアカウントとして表示されます)をクリックして選択します。
右側の【プロパティ(P)】ボタンをクリックします。

プロパティ 【詳細設定】タブの設定を確認します

詳細設定】タブをクリックして、【サーバにメッセージのコピーを置く(L)】のチェックを外します。

メッセージのコピー
サーバーにメッセージのコピーを置く(L) チェックを外します。※
  • ※チェックをしておくと、受信メールサーバにあるあなたのメールボックスにメールのコピーを残すことができますが、メールボックスの容量が限られていますので容量が一杯になってしまうと新着メールを受信することが出来なくなってしまいます。なるべくチェックを外してください。
設定終了です

以上で設定は終了です。
設定を変更した場合は、忘れずに【OK】ボタンをクリックし変更内容を反映させます。
【インターネットアカウント】に戻ったら【閉じる】ボタンをクリックします。