電子メールの設定・確認・変更・他

電子メールの設定方法を各種メールソフト別に説明します。

Windows 8 をご利用のお客様へ
Windows 8 のスタート画面にある「メール」アプリでは、タムネットのメールアドレスをご利用いただけません。
Windows Live メールなどのメールソフトをご利用ください。
Windws Live メール2012のダウンロード

Windws Live メールはMicrosoftのサポートが終了したためダウンロードできなくなりました。
Thunderbirdなどのメールソフトをご利用ください。
Thunderbirdのダウンロード

Windowsの電子メールの設定

他社プロバイダ接続からメールサービスをご利用の方へ

TAM以外のプロバイダからメールサービスをご利用の方は以下の注意が必要です。尚、ご利用のプロバイダにより、OP25B(Outbound Port 25 Blocking)を実施している場合があり、実施の有無によって設定方法が異なります。
※OP25Bとは、プロバイダの外部のメール送信サーバにお客様から直接接続できないようにすることで迷惑メールの発信を防ぐ措置です。

■ご利用のプロバイダがOP25Bを実施している場合
  • SMTP Authを利用して、サブミッションポート(Submission Port)からメールを送信します。
  • <SMTP Authの設定方法>
    • ご使用のメールソフトがSMTP Authに対応しているかを確認します。(OutlookExpress6.0、Thunderbirdなど)
    • 現在の設定から以下の点を変更します。
      • 送信メールサーバのポート番号:587
      • SMTP Authを有効にする
      • アカウント、パスワードの入力が必要な場合は、メール受信設定と同じものを入力する

メールウィルスチェックサービスをご利用の方へ

<メール設定について>

メールウィルスチェックサービスをご利用頂く場合、メールアカウントの設定において、SMTP(送信)サーバー名および、POP3(受信)サーバー名を下記の通り設定変更してください。

SMTP(送信)サーバー名mv1.tam.ne.jp
POP3(受信)サーバー名mv1.tam.ne.jp
<ご利用時の注意事項>
  • 本サービスは「SMTP Auth」にてご提供いたしております。
SMTP Authの方法
  • ご使用のメールソフトがSMTP Authに対応しているかを確認します。
  • 現在の設定から以下の点を変更します。
    • SMTP Authを有効にする。
    • アカウント、パスワードの入力が必要な場合は、メール受信設定と同じ物を入力する。

※ SMTP Authの設定は、各種メールソフトの設定をご覧ください。