(社交ダンス sho@富山)TOP おまけ
Last updated: 2006.10.28 First updated: 2000.10.20

ラストダンス

2000.10.20

ベーシックの技術をいくらマスターしても二人の踊りが合うとは限らない。

同じ音楽を聴いていても感じているものが違うのかもしれない。全く違うメロディーを感じているのかもしれない。その曲の何を表現したいのかが違うのかもしれない。

メロディどころかリズムも全く感じてない人も居る。根っからのリズム音痴なのか、ひょっとしたら、音楽なんて単なるバックグランドミュージックで、今踊っている踊りとは全く関係がないと思っている人も居るのかもしれない。

そもそもダンスで何をしたいのかが違うのかもしれない。魂を見せたいのか、動きを見せたいのか、単に健康のために踊っているのか、ただ、キャアキャア楽しめば良いのか???

ベーシックの技術のレベルが上がっていくにつれ、私の踊りたい踊りのイメージが変わって来た。踊ることへの心の姿勢も変わって来た。皆が同じように変わっていけば良いのだが、皆、てんでバラバラの方向に変わって行く。いや、自分だけが皆と違う方向に変わって行ってるのかもしれない・・・不安(^^;

「ホールやパーティーなんかで踊ってて楽しいかい」と10年程前に訊かれたことがある。今でも、この言葉には悩まされている。

「楽しい時もあれば、楽しくない時もある」なんてさらっと言い放っていたのに、最近は全く楽しくないのである。自分のダンスへの思い込みがエスカレートしすぎたのだろうか

また、こんなことを言われたことがある。
「たかがダンスパーティーでそんな真面目に踊るなよ」

ダンスの楽しさって何? 頭に「社交」と言う文字をくっつけただけでダンスの楽しさの意味が変わってくるらしい。私は「社交」という言葉がついている踊りにはおおいに不満である。

ダンスに対する気持ちが違う人と踊ってると私はちっとも楽しくない。ダンスに対する気持ちが同じ人と踊っていれば自然と楽しくなってくる。自然と相手に対して優しくもなれるし、思いやりも沸いてくる。
しかし、最初から思いやりとか優しさを求めてくる女(ひと)人には私は辟易としてしまう。ズーズーしいやつだなあ・・・、まるで「おんぶにだっこ」ではないか。子供相手に楽しませるってのも楽しいかもしれない。しかし、それは相手が子供だから・・・・。


2000.10.19

「ダンスとは、男と女が感情を表すもので、見た目の美しさを表現するものではない事を忘れないで下さい」 (ルッカ)

「相手の事を想い、お互いを感じ合う事が大切なので、ダンスをすることによって感情を豊かにしていく事ができるのです」 (ロレイン)

世界のトップダンサーでも男と女とでは感じてることがちょっと違うんだなあ・・・。


2002.11.24

今年の締めくくりに東京の後楽園ホールの社会人ノービス戦に参加してきた。夜行で行って夜行で帰ってきた・・・若かった。243組の申し込みがあった。マンモス大会なんだけどそれはあんまり感じなかった。会場が思ったよりは狭かったからである。応援団もそんなに居ない。こういう面では期待はずれ(^^; しかしまあ、なんちゅうか、ノービス戦というのにみんな正装なのである。男まで化粧してる・・・ビックリ仰天。平服は私たち以外には1組しか記憶にない。正装の上にみんな上手いのである。その上、使ってる足型も高級なのである。もう、みんなが眩しくてしようがない。とんでもないところへ来たもんだ。・・・、ダンスは外見じゃない中身だぜって、自分にハッパをかけてはみたが、やっぱり外見も大事。無意識のうちに萎縮し、緊張していたかもしれない。とてもダンスを楽しめという領域には達していなかった。なんといってもフロアクラフトというか、もう少し足型を仕入れるというか、慣れるというか問題山積みである。それと来年は先ず正装に慣れよう。私は正装はこっ恥ずかしくて苦手なんだけど・・・。でも、まあ、1回戦をクリアしたから、sho@JBDF東部 なんて言ってたりして。


2006.10.28

明日、試合なんだけど、ラストダンスシリーズは今日で中断・・・。あと、50年ぐらいは踊りたいなあ。


step ステップ 足型 足形 ダンスパーティー ダンパ




(社交ダンス sho@富山)TOP