(社交ダンス sho@富山)TOP おまけ
Last updated: 2003.3.190 Fast updated:

このページのタイトルを付けるのにちょっと迷った。最初は「失望」という話を書こうと思ったのだけど、それではこの私のホ−ムページに来てくれた人に気の毒だ・・・。

夢があるといつか失望が訪れる。凡人の私はこう思っている。そうだ、「失望」というタイトルより「夢」というタイトルの方が良かろう。

社交ダンスをかじって、止めていく人たちが居る。ちょっとかじって止めていく人、散々かじって止めていく人。

他の人達はどんな理由でダンスをやめていくのだろう・・・。別の言い方をすれば人はダンスにどんな夢を描いているのだろう。

「楽しければ良いダンス」
なにをもってして楽しければ良いのだろう? わざと打ちやすい球を投げ合ってヒットの多い野球が楽しいのか、打ちにくい球でやる真剣勝負の野球が良いのか。一体、どちらが「楽しければ良い野球」になるのだろう。

「目指すダンス」
いろんなダンスが有って良い、どれが一番自分に似合っているかだ。だけどカップルを組むのなら目指すダンスが同じ方が良いような気がする。私は自由なダンス、酔拳のようなダンスを目指していた、二人でそういうダンスを踊りたかった。でも、それは私の我侭だった。大体「目指すダンス」なんてことを考えてた私が悪かっったのかもしれない。

私にもいろんなダンスシーンがある。私のベストダンスと言えば(日露(日本・ロシア)国際親善ダンス交流会)に尽きるだろう、なんせ、この女性は蟹股ではなかったから。蟹股克服・・・これが私のダンスの最終目標だった。蟹股でなく、シンプルで、しかも酔拳のように楽しいダンス・・・ムムム、欲張りだったかなあ(^^;

えっ、お前のどこがシンプルなのかだって? アハハ、リバテクの記述をシンプルと感じるかどうかだと思う。

何事も自分のこだわりを追及しすぎると我侭と言われる・・・・・・再見。




(社交ダンス sho@富山)TOP