アマチュア無線用語説明  参考 CQ ham radio モービルハム

SSTVとは?
 SSTVはSlow Scan TeleVisionの略で、低速度走査テレビジョンのことです。
 一般のテレビ放送は高速度走査のため動画を伝送できますが、低速度走査では静止画像になります。この違いは電波の周波数幅に表れ、動画が約5MHzに対して、静止画は3kHz以下になります。また、この帯域幅は音声通信と同格ですから、HFからV・UHFまで、SSBやFM機を使って運用することができます。

ATVとは?
 ATVはAmateur TeleVisionの略で、SSTVが静止画面であるのに対して、普通のテレビと同じような方式で、動画を使って交信をするものです。ATVの運用周波数は動画を送るために、周波数帯域が約5MHzと広域となるので、現在は1200MHz以上の周波数帯に許可されています。

トランスバーターとは?
 トランスバーターとは、これを手持ちのトランシーバーに接続させることで、他の周波数帯にオン・エアすることのできる付加装置のことです。また、手持ちのトランシーバー(親機)より高い周波数に出られるものを”アップバーター”と呼び、逆に低い周波数に出られるものを”ダウンバーター”と呼んでいます。

     アマチュア無線のページへ   FLAT PADDY ホームへ